当院の小児矯正治療

当院の小児矯正について

歯並びが悪くなる原因にアプローチします

笑顔で並ぶ子ども達と歯科スタッフ

当院の小児矯正はプレオルソというマウスピース式矯正装置を利用し、お口周りの筋肉のバランスを整えることで「かみ合わせ」や「歯並び」を改善していきます。

矯正といえばワイヤーを使用して矯正する方法をイメージしやすいですが、「プレオルソ」は全く違う方法で歯並びにアプローチします。

また、永久歯が生える前の段階であごの成長が不十分な時は「床矯正」を行い永久歯が並ぶスペースを確保します。

プレオルソと床矯正

歯並びが悪くなる原因にアプローチするプレオルソ

「日中1時間」と「就寝中」の装着で歯並びを整えられます。
取り外し式なので「違和感」や「痛み」を最小限に抑えられます。

プレオルソを施す女性歯科医師

プレオルソとはマウスピース型の矯正装置で子どもの歯並びを整えるための装置です。 永久歯が生え揃っていない5~10歳くらいの骨がやわらかい時期に使うことで大きな効果を期待できます。 この装置の特徴は、歯並びが悪くなる原因(舌のくせ・頬・唇の筋肉)を改善することで直接歯を動かすのではなく、「間接的に」歯並びの改善をします。

マウスピース矯正器具をもつ女性歯科医師の手

この口周りの筋肉のバランスが重要で、口周りの筋肉がアンバランスだと歯並びが悪くなり、バランスが良ければ自然と歯並びが並んでいきます。

プレオルソを装着すると、お口が閉じて口周りの筋肉の訓練になりバランスを調整してくれるので、歯並びが正しい位置に並んでいくことになります。

簡単に取り外しが可能
固定式の装置は取り外しができないため、歯ブラシが当たりにくく虫歯になりやすいリスクがありました。 プレオルソは取り外しが容易で、お口の中を清潔に保ちやすく、虫歯の心配も少なくなります。 装置も清掃しやすいので、常にきれいな状態でお使いいただけます。
装着は「日中1時間」と「就寝時のみ」
日中1時間と就寝時のみの装着なので、学校に着けていく必要がなく、今までと変わりなく学校生活を送ることができます。
お子さんへの負担が少ない
固定式のブラケット装置は、違和感や痛みが強くなりやすいのですが、マウスピース式なので歯にかかる力が少なく、違和感や痛みを最小限に抑えることができます。
口呼吸を鼻呼吸へ促します
口呼吸をしているといつも口が開きやすいので、口呼吸から鼻呼吸に促します。 プレオルソは歯並びとかみ合わせの改善をするのと同時に「歯並びが悪くなるくせ」の改善も非常に大切だと考えています。
プレオルソだけで治療が終わるケースも
歯並びが整ってくせが改善すると、本格的な矯正をせずに治療が終わることもあります。

抜歯をせずに歯並びを治せる床矯正装置

永久歯が生えるスペースを確保します。 抜歯をせずに矯正できる可能性が高まります。

床矯正装置の治療をうける女の子

床矯正装置は、あごの成長を適切にコントロールして永久歯が生えるスペースを確保して正しい位置に生えてくるように促す矯正方法です。 ワイヤーを使用するブラケット装置に比べ、違和感や痛みが少ないことが特徴です。

床矯正装置を持つ女性歯科医師

永久歯の生え変わりが始まる6~11歳くらいのお子さんが対象になります。

子どもの頃に床矯正をすることで、抜歯をせずに矯正ができる可能性が高まります。

お手入れが簡単
取り外しができるので、ワイヤー矯正に比べて清掃しやすくお手入れが簡単です。
今までと同じように食事ができる
ワイヤー矯正は装置に食べ物が引っ掛かりやすいことがありますが、床矯正は取り外しができるので食事中は外すことができ、今までと同じように食事ができます。
ワイヤー矯正よりも費用が安い
ワイヤー矯正は歯を動かす時にワイヤーの調整など多くの手間がかかりますが、床矯正装置は装置を使用してあごの成長を促すのでワイヤー矯正より費用を抑えることが可能です。
治療の痛みが少ない
ワイヤー矯正のような強い力がかかりにくいため、施術に伴う痛みが少ない特徴があります。

小児矯正Q"A

ここでは小児矯正についてよくいただく質問にお答えしています。是非ご参照ください。

子どもの矯正は何歳から始めるべきですか?

お子さんの歯並びによって異なるので厳密には決まっていません。
一般的には小学校1年生(6歳)ころからスタートするケースが多くなります。
その前に「それほど問題はなさそうだけど、念のためチェックしたい」時はそのタイミングでご相談ください。

歯並びは悪くないと思うのですが、小学校の検診で指摘されました

学校検診では「汚れ」「虫歯」「歯並び・かみ合わせ」「顎関節」などのチェック項目があります。
保護者様が見て問題なさそうでも、治療が必要なケースがあります。
学校検診で指摘された時には、お早目にご相談ください。

ほかのクリニックで「まだ矯正は必要ない」といわれましたが気になります

成長中のお子様は今気になっている問題が成長と共に変わることがあり、「経過観察」をすることがあります。
「ほんとうに矯正治療が必要なのか?」
「いつ始めるのがベストか?」
「良い結果を得るにはどのタイミングで始めれば良いか?」
を正確に判断できます。

ただし、「歯並びの乱れ」は個人差があり、明確な基準がないので歯科医師によって判断が異なることがあります。
気になっている場合にはセカンドオピニオンも1つの方法です。
もちろん当院でも歓迎いたしますのでご相談ください。

矯正装置を使うと虫歯になりやすいですか?

ブラケット装置を使うと、ボタンのような突起が着いた装置を使用するので歯磨きがしにくくなります。
ただし、当院でお話した歯磨きの仕方を実践して、通院時にクリーニングをしていればそれほど虫歯の心配はいりません。

また、マウスピース矯正の場合には歯磨きの時に取り外しができるので、今までと同じように磨くことが可能で、虫歯のリスクは変わりません。

治療後、後戻りはありませんか?

残念ながらすべての矯正で後戻りの可能性はゼロではありません。
しかし、子どもの矯正で永久歯が並ぶためのスペースを作っておくことで、矯正治療後も後戻りをする可能性を低減することができます。
治療後の保定期間、メインテナンス期間も後戻りがないかしっかりチェックしますのでご安心ください。

大人と子どもの矯正はどこが違うのでしょうか?

大人の矯正はあごが完成された状態で歯を移動します。
それに対して子どもの矯正はあごの成長を利用して永久歯が生えるスペースを確保することを大きな目的にしています。
そのため、使用する装置も異なります。
子どもの矯正は「正しい歯並びのための土台作り」といえます。

歯並びは遺伝するのでしょうか?子どもの歯並びが心配です。

基本的に歯並びは遺伝しやすいと考えられています。
ただし、あごの成長の異常、舌のくせ、口呼吸などの後天的な原因で歯並びが悪くなることがあります。
そのため、舌・頬・唇の機能を正常化して舌のくせや口呼吸を改善することが大切です。
お子さまの矯正方法のご提案、日常生活でのアドバイスもしますのでお気軽にご相談ください。

歯並びの乱れが自然に治ることはありますか?

乳歯の時にすき間があって、永久歯に生え変わった時にすき間がぴったりして歯並びが整うことはあります。
ただ、乳歯より永久歯は大きいので、余っていたスペースにちょうど永久歯が並んだケースです。
基本的に歯並びやかみ合わせは自然に整うことはほとんど期待できず悪化・複雑化することが多いでしょう。

  • 小児矯正歯科無料WEB相談
  • LINEで小児矯正相談