知ってほしい
小児歯科・小児矯正のこと

お子さんの歯をむし歯にさせないために

歯科医師から歯の検診をうける男の子

「気をつけていたけどお子さんがむし歯になってしまった…。」
むし歯になった時でも、早めに治療をすることが大切です。
そして、今後むし歯が再発しないように3つの対策をしていきましょう。

対策1【フッ素塗布】

フッ素で守られている歯のイラスト

むし歯予防に効果的なフッ素ですが、初期むし歯で「フッ素塗布」をして様子を見ることもあります。 フッ素を塗ることで次のような効果が見込めます。

  • ・歯を強くする働き
  • ・菌の働きを弱める
  • ・エナメル質の修復を促進

定期的にフッ素を塗ることでむし歯予防にもなりますし、汚れが着いている部分はクリーニングで落とし、その部分の磨き方もチェックすることができます。

対策2【おやつの時間を決めましょう】

大量のおやつの前にすわる女の子

むし歯は糖分を栄養にして、酸をつくり、歯を溶かしていく病気です。そのため、むし歯の栄養分の糖分がお口の中に長くとどまっていると、むし歯のリスクが高まります。

特に、飴やジュースなどは、長い時間お口の中にあることが多いので要注意です。 おやつはだらだらと食べずに「決まった時間」に食べましょう。

対策3【食後の歯磨き習慣を身につけましょう】

歯ブラシをもつ親子

食後やおやつの後は、できるだけ早めに歯磨きをするようにしましょう。 お口に残った汚れは、むし歯菌の大好物なので、少しでもお口の中にある時間を減らすことが大切です。 お出かけなどで歯磨きが難しい場合には、うがいをするだけでも効果的です。

お子さんがむし歯になった時は早めに治療して、3つの対策をしましょう。 フッ素は自宅で塗ることができるものもありますし、おやつの時間や食後の歯磨き習慣はすぐに取り入れることができます。 むし歯の有無は歯医者で確認が必要なので、ぜひ1度検診でむし歯をチェックしましょう。

  • 小児矯正歯科無料WEB相談
  • LINEで小児矯正相談