知ってほしい
小児歯科・小児矯正のこと

フッ素だけで大丈夫?子どものむし歯予防

フッ素で虫歯菌を跳ね返す歯のイラスト

子どものむし歯予防のひとつとして知られている「フッ素」。 フッ素はむし歯予防に効果的ですが、むし歯になっている原因を解決しないと、むし歯のリスクが高いままです。

むし歯になる「食生活のみだれ」と「間違った歯磨き習慣」、「お口のくせ」を改善してお口の健康を整えましょう。

食生活の乱れと歯磨き習慣の改善

女の子と歯の模型をもつ歯科衛生士

食事をすると、お口の中が酸性になりますが、唾液の働きで中和して歯の再生を助けています。 しかし、同じ砂糖の量でも「だらだら食べ」の方が唾液の中和力が追い付かなくなり、むし歯になりやすくなります。

また、十分なブラッシングができていないと、常に汚れが残りフッ素で歯を強くしてもむし歯のリスクが高まります。

むし歯予防のためには、「1日1回おやつの時間を決めること」と「お子様に合った歯ブラシ、磨き方」を歯医者で確認しましょう。

口呼吸のリスク

マウスピース矯正についてカウンセリングする女性歯科医師

口呼吸は口周りに筋力が弱いことや歯並びが悪いことが原因で起こります。 お口が乾燥して、唾液が減少するので、細菌が増えてむし歯になりやすくなります。 また、細菌が増えることで「口臭がしやすい」「かぜをひきやすい」などのデメリットもあります。 そんな口呼吸を改善するために、自宅でトレーニングできる「プレオルソ」があります。 取り外しができるので、今まで通り食事や歯みがきが可能です。

食生活は自宅ですぐに改善できますが、口呼吸はなかなかお子さんが自分で治すことが難しいものです。 当院は口呼吸の改善のためのマウスピース治療やお子さんに合った歯磨き方法もお伝えできますので、お気軽にご相談くださいね。

  • 小児矯正歯科無料WEB相談
  • LINEで小児矯正相談