知ってほしい
小児歯科・小児矯正のこと

口呼吸は早めに治そう!
さまざまな悪影響を与える口呼吸

お子さんがいつもポカンと開けていたら、口呼吸がくせになっているかもしれません。 風邪などで一時的に口呼吸をしていて、息がしやすいと感じてしまい、そのまま習慣になってしまうことがあります。

ポカンと口が開いていると、見た目も良くないですし、健康や顔立ちに悪影響を与えてしまいます。

口呼吸による健康のリスク

むし歯になりやすくなる。

口が乾燥して細菌が増殖するため、むし歯の可能性が高くなる。

出っ歯や歯並びが悪くなりやすい。

口の周りの筋力が弱くなり、歯が前に倒れるように生えやすいため。

口臭がしやすい。

口が乾燥して細菌が増殖するので、口臭が強くなりやすいため。

風邪やインフルエンザになりやすくなる。

鼻呼吸でウイルスの侵入防止ができないため。

口呼吸で顔立ちがゆがむ?

歯並びは歯にかかる力のバランスで並びますが、口が開いたままだと、適切な力がかからずに「出っ歯」や「叢生」などの不正咬合につながります。

また、口周りの筋肉が弱くなると、顔の骨格に影響が出てゆがむこともあります。

口呼吸は、ボーっとした印象を与えるだけでなく、さまざまな健康のリスクを伴います。 大人になったら自然と治るものではなく、習慣になると改善が難しいため、早めに対策をしましょう。

口呼吸はお子さんに「やめなさい」と言っても中々治すことが難しいものです。 改善するためには、「マウスピース装置」でトレーニングができるので、お気軽にご相談ください。

  • 小児矯正歯科無料WEB相談
  • LINEで小児矯正相談