知ってほしい
小児歯科・小児矯正のこと

生え変わりの時期にできる2つのこと

歯が抜けた男の子の笑顔

「乳歯から永久歯に生え変わってきたけれど、何もしなくていいの?」と気になる親御さんも多いのではないでしょうか。 生え変わりの時期は、実は「永久歯の虫歯」や「歯並び」にとってとても大切な期間です。 この時期にできる2つのことでお子さんのお口の健康を守りましょう。

ポイント1 乳歯の虫歯予防・虫歯治療

むし歯チェックをする女性歯科医師

乳歯のむし歯を治療せずにいると、痛みが原因でその部分でかまなくなります。 そうすると、かみ合わせがアンバランスになり、顎の発達に影響を与えて歯並びが悪くなる確率が高まります。

また、虫歯が多い子は「おやつをダラダラ食べる」「毎日歯磨きする習慣がついていない」など虫歯になりやすい生活習慣のことが多いため、永久歯になる前に改善していくことが大切です。

歯医者で虫歯治療をして、シーラント・フッ素などの予防もしていきましょう。 おうちでは、毎日の歯磨き習慣と正しいブラッシング、食生活を見直して永久歯が虫歯にならない環境作りをしてくださいね。

ポイント2 顎の正しい成長を促す

要注意なお口のくせとは?

「お口のくせ」は、毎日無意識にくり返すので、「顎が正しく成長できない」「歯並びが悪くなる」といった悪影響につながります。そのため、口呼吸・指しゃぶり・舌を出すくせ・歯ぎしりなどのお口のくせを改善して顎の正しい成長を促していきましょう。

お口のくせを治すために

マウスピース矯正について説明する女性歯科医師

「プレオルソ」は、お口のくせを改善するために自宅でマウスピースを着けてトレーニングします。 自宅でトレーニングできるので、忙しいお子さんや親御さんでも安心して治療できます。

むし歯は幼稚園や小学校の検診で指摘されますが、「お口のくせ」は分かりにくいことが多いでしょう。 「お口のくせ」があるかどうかは、当院でも確認できますので、お気軽にご相談ください。

  • 小児矯正歯科無料WEB相談
  • LINEで小児矯正相談